COLUMN

【玄関の方角】北玄関はNG?使い勝手等を風水的な視点から解説

最終更新日:

こんにちわ!!ディライトホームコラム編集部です。いつもコラムを読んでいただきありがとうございます!ディライトホームは福島県、郡山市、須賀川市、会津若松市を中心とした周辺エリアで建築家とコラボして建てるフルオーダーの自由設計注文住宅をご提案する工務店(ビルダー)です。

お洒落な家に住みたい方、規格住宅では叶わない夢がある方、建て替えの相談がしたい方、ローンについて疑問や質問がある方や心配な方、ラグジュアリーな家に興味がある方、アウトドアリビングやガレージハウス等々付加価値型の住宅が好きな方、皆さんぜひモデルハウスに見学に来てください!家造りの相場観やお得に建てる方法を【注文住宅 郡山】でweb検索するとランキング上位にのディライトホームスタッフが丁寧にご説明させていただきます。

またお客様宅での見学会も随時開催しておりますのでぜひお越しいただければと思います!ハウスメーカーを検討している方、住宅会社・工務店を選定中の方は一見の価値があると思います!ぜひ遊びに来てくださいね!今なら予約来場でスタバカードorアマゾンギフト券プレゼント中なのでご予約お待ちしております!!

今回のコラムテーマは玄関の向く方角に関する内容です。よく、【北玄関は良くない】という話や北東にある【鬼門に玄関を持って行ってはいけない】、【玄関を南向きに取りやすい南道路の土地が最高】など、
【玄関】にまつわる様々な意見や想いがうず巻いているところにどうしていいか解らない方が必ずいるはずなので、そこに一石を投じ、
少しでもすっきりして前向きな気持ちになって頂けたらとの思いで今回は北玄関は実際にどうなのか触れつつ書かせていただきます。
注文住宅でもセミオーダー型の住宅でも間取りやプランを考える際にこの敷地であれば玄関をどこに持ってくるのが良いか、どの方角に向けるべきかと、第一に考えます。

外観パースを組んでみると玄関はある意味ファサード面の主役でもあり、日々の使い勝手や住宅の印象に大きく影響を与えるため、どの方角、または配置に来るべきか決めるのはプロでも見解が分かれたりします。
そんな玄関位置に関してですが2つのポイント、視点で考えていくと大満足する玄関が作れると思います。
1つめの観点は【使い勝手】、2つめの観点は【風水学】です。

この2つのポイントで今回解説しますのでこのコラムを読めば、使いやすくて、気持ちのいい心地のよい玄関の作り方が解ります。
玄関必勝法、最後までお付き合いください。

頼りになるSUUMOさんの参考記事はコチラです。

1 【使い勝手】の良い玄関について考える

そもそも玄関の使い勝手とは?という話になれば、【ドアの開き方が車を止めた位置から入りやすい向きに開く】とか、
【物を入れようとした時に袖壁や、ポーチ壁にぶつかるなどのトラブルが無い】とかの具体的な事が実際の使い勝手なのかもしれませんが、今回は配置による部分に触れる内容でまずは使い勝手の良い玄関とは?という所に照準を絞っていきたいと思います。

まず最初に、玄関をどの方向に配置すると総合的な使い勝手が良くなるのかを解説します。
使い勝手に関しては住む人の生活スタイル、そして建てる土地の形状に依存する部分も大きく影響します。
各玄関の向きごとに長所、短所、メリット、デメリットが生まれ、そしてお施主さんの好みの外観デザインにはまるかが影響するので、
これだという正解はありません。
それぞれの方角についての特徴を理解した上で納得して作っていきましょう。

2 それぞれの方角に向けた場合の玄関の特徴

ケース1 東側に面した玄関の特徴

玄関が東側に面している場合は、通年で朝日が差し込む玄関になります。特にありがたみを痛感するのは冬場で冬の間は日差しの効果をより感じるはずです。福島県は当然雪が降ります。よる雪がぱらついたとしても、朝日の力は偉大で太陽が出ていればパラついている位の雪は解けてしまいますし、寒い日でも朝日を浴びながら出かけていくカタチになるので気持ちのいい玄関を造りやすくなります。
暑い夏の間も朝日が差し込む時間は比較的穏やかな太陽光なので、南側や西側からのじりじりするような強い光を受けない東向きの玄関は暑い日には涼しい玄関になります。

デメリットをあげるとすれば、ゾーニング的に東側は場所としてはいい位置なので、そこが玄関になってしまうのは勿体なさがあるかもしれません。朝日を取り込める上に南面や西面からの暑い直射日光を避けられる東側のスペースは、リビングやダイニング、和室などの居室にするのに最適な配置環境です。ディライトホームは2階リビングも割と多い設計なんですが、リビングは1Fという固定概念を崩してしまえば玄関も東側、リビングは2Fの東側というどちらも良い場所に持ってくることも可能です。東向きの玄関は玄関を持ってくる向きとしては◎でしょう!

ケース2 西側に面した玄関の特徴

玄関が西側に面している場合は、基本的に強い西日を受けます。その為、夏場は特に玄関全体がむわっと籠るように暑くなることが増えるかもしれません。ディライトホームの注文住宅であれば、標準仕様として2重断熱を採用しているので強い断熱性と超高気密な施工で強い西日の影響を抑えることができます。
その他にも、窓からの影響が大きいので西面に持ってくる場合は玄関室に大きな窓は付けないとか、換気システムによる換気容量を増やすなど対応すると良いと思います。一方、冬場は西日が差すので長めに太陽光を取り込むため暖かい玄関になりやすいというメリットもあります。西向きの玄関はまぁ△でしょうか。東や南面などの居心地のいい空間を玄関以外で使えるというメリットもあります。

ケース3 南側に面した玄関の特徴

玄関が南側に面していると太陽光がよく当たるようになります。そうすると明るくなるだけでなく、湿気がこもりにくくなり玄関がじめじめとした雰囲気になりにくく玄関内部をカラッっと気持ちよく乾燥させてくれる効果も期待できます。湿度が低いと衛生的な環境にもなります。

靴をたくさん置く空間でもあるので、じめじめとしていると菌が繁殖して臭くなったりする場合があります。南向きの玄関はそういう悩みから解放されますね。当然日光を浴びるので植物もよく育ちます。花や植栽に囲まれる玄関を造りたい方にはおすすめです。
一方、配置によってはリビングも南に面すところに持っていくことが多いので、玄関に来客が来た際にリビング内が丸見えになる配置になることもあります。
上手にリビングに目線を通さない設計をするといいかもしれませんね。プライバシーに配慮した設計が求められます。
南面の玄関は、注意したいポイントになるのが駐車場です。
一般的に、玄関と駐車場は位置が近くなるように配置、設計されます。
南向きに玄関がある場合、敷地の接道も南面で駐車場も南面というケースが多いのではないでしょうか。
そうなると夏の日差しをダイレクトに受け、停めている車の車内が猛烈に熱くなる上、車の塗装等の劣化が早まったりします。
南面の駐車場の場合は特にカーポートやガレージを検討してみて下さい。同じように、南道路のケースを考えると、通りにリビングが面する形になり、気持ちよくカーテンを開け放てない場合もあります。そういった際は、2Fリビングにするといいかもしれません。南向きの玄関は〇ですね!

北側に面した玄関の特徴

最後になりますが北側に面する玄関は、特に冬場の冷えこみが気になるかもしれません。
ディライトホームの建物では断熱、気密がハイレベルになっている為、そこまで気にする必要が無いですが、
住宅性能(特に気密)の低い家だと温度が上がりにくく、そうなると湿度が高くなり、カビや結露も出やすくなります。
玄関の近くに駐車場を設けた場合、車に日が当たらないので塗装の劣化等は起きにくいというメリットもありますが、
朝方フロントガラスが凍てついてしまった場合、朝日が当たらないので、出勤前に溶かす工程が増えます。
メリットもあって、東側や南側などの良い場所を居室やリビングで使える点がメリットですね。よく光の入る大きなLDKも実現できそうです。北向きの玄関は総合すると▲(要検討)ですね。

3 風水に照らした際の気を付けるポイント

「風水」で”避けたい”玄関の方角は?

風水学の観点から玄関の方角を考えてみましょう!
そもそも風水というのは科学(化学ではなく自然科学という観点)と統計に基づいた指標と認識してみると解りやすいです。
例えば今回は触れませんが西側にキッチンを配置するのはNGだとか(西日が強く入るので食品が腐りやすくなる)とか、
家の真ん中に階段を持ってくるのはNGとか(階段室に窓を造れなくなるので階段自体が暗くなって危ない)、
は生活してきた中で物が腐ったり、階段を踏み外したりを繰り返しながら中国4000年の歴史の中で体系立てられたものです。
そこで現代の科学の発展と生活環境の向上によって気にしなくてもいい代表例を二つ書いてみたのですが、
例えばキッチンの方は、生鮮食品を冷蔵庫に入れずに保管する人はいないでしょうから現代では食べ物が腐る心配は少ない、
とか昔は燭台に火を灯して灯りを採っていたところですが現代の階段は照明が付いてるので昇降時は点灯するとか、
で対応できてしまうものは気にしないでもいいかなと個人的には思います。

たまにお施主さん、御親類の方などが風水や家相をめちゃくちゃ気にする方がいます。
そんな時には上記の2例を参考にあくまで風水は統計と科学の概念がもとになっているよ、
電気も、家電もない時代の産物だよということを考えてみる事をお勧めします。
そんな中でも玄関にまつわる代表的なものを書いておきます。

「北東」は鬼門に面するので避ける

風水では北東の玄関は鬼門の位置にあたるので絶対に避ける!
まず、風水学において玄関の配置する方角で避けるべきなのは【北東】です。

北東は鬼門の方角に位置しており、鬼(邪気)が入ってくる方角とされています。
玄関は外部から様々な気(要素)を招き入れる場所と位置付けられている為、悪い気が入らない様に北東の方角は避けるべし、という概念になります。
土地の形状の影響でプラン間取りをする際に、どうしても玄関を鬼門方角に置かないといけない時は、生命力に溢れる観葉植物を置くなどの対応をしましょう。先ほど科学的な根拠という話がありましたのでどういう意味合いの話かとかみ砕いてみると、北東は一番日陰になりやすい場所で、朝日が差す時間くらいしか日が当たらない場所なので、湿度が高くなりやすい場所です。そのため、玄関が良くない雑菌にまみれていると家全体に運ぶことになります。そういう観点で避けるべしとされてるのではないかと思います。

鬼門に関するコラムもありますのでこちらで読んでみて下さい↓↓

【注文住宅】鬼門とは?家相を何に気を付けたらいいの?【ディライトホーム】

「南西」は裏鬼門に面するので避ける

南西も鬼門同様で裏鬼門の位置に面するので避ける!!
鬼門方向に続いて避けたい方角は、北東の真逆に位置する南西です。
南西の方角は【裏鬼門】と呼ばれており、鬼門と同じく悪い気が出入りすると言われています。
その為、北東と同様に、玄関の配置を避けるべきとされます。
裏鬼門も鬼門対策と同様に生命力が強い観葉植物を置いて邪気を払ってください。
南西は逆に日の指す時間が長くなるため現代程気密が取れていない古代の住宅では熱気が家に籠りやすくなるのを避けるために、
南西を避けるようにと伝わっているのかもしれませんね。

「中央」に玄関があるのは運気が貯まらないので避ける

風水の観点では中央に玄関を配置するといい運気が貯まらないとされているので避ける
風水の概念では中央も玄関を配置するべきではない場所とされます。
住宅の中央部分は、いい運気がたまる場所と考えられていて、通常は運気が強い場所です。
その考えで行くと、出入り口である玄関をそこに配置してしまうと、運気がたまらずに外に漏れ出てしまい、良い運気のたまらない家になってしまします。
風水の概念として避けるべきとされる理由はそこからきています。
どうしても中央に玄関が来てしまう場合の対策は上述したようにエネルギッシュな植物と、強めの照明になります。
家の中心部分に玄関を配置すると、太陽光が取り込みにくくなり暗くなりがちになります。明るめの照明を設置して玄関を明るくしましょう。そうすれば悪い気が入りにくくなります。
建物の中心の出し方は、建物の四隅より対角線を引き、その交点が中心という考え方です。もし、間取り図があるのならば、早速チェックしてみて下さい。

「風水」で”おすすめ”の玄関の方角

逆に風水の視点で【おすすめの玄関の方角】はどこだと思いますか?
当然どの方角も特徴があり、一長一短ありそうです。使い勝手と風水的観点どちらも抑えつつ紹介します。

東側の玄関は太陽の力を取り入れられる良い方角

朝日が昇る東の方角は、風水の視点で良い運気が入ってくる、良い方角とされています。上ってくる太陽のエネルギッシュな気が入るので、共に暮らすご家族がずっと元気に暮らせると言われています。
玄関が汚れていたり、物が雑然と置かれていたり、積み上がっているといい運気が入ってこなくなります。玄関を清潔に保っていい気を満たしていきましょう。

「南東」は人間関係が円滑になる

南東はコミュニケーション・人間関係が円滑になるとされている方角
南東は、交際運が高まる方位なので、コミュニケーションと人間関係が円滑になると言われています。
人間関係をよくするのと同時に、人との縁はお金も呼び込むとされていて、金運がアップする方角ともいわれます。
事業を営む経営者の方には、特に好まれる方角です。

「南」の方角は社会的な地位が高まる

南の玄関は社会的地位が高まると言われています
最後に南側の方角に玄関を配置した場合は、社会的な成功、名声の高まり、出世運を得られるとされています。
南方向は基本的に一日中太陽が当たります。太陽の気を受けて活き活きとして、華やかな雰囲気が身につくようです。
南の方角も、南東同様金運が一緒にアップするので、商売をしている方は、南~東方向に玄関を作るのがおすすめです。

まとめ

玄関の配置する方角について【使い勝手】と【風水的な方角解説】2つのポイントでそれぞれ特徴、メリットデメリットを解説しました。
参考になったでしょうか?

玄関は必ず毎日使う場所なので、家族目線でも来客目線でも家の顔となる場所です。
どの方角の玄関がよいのかをこのコラムを参考に考えて、あなたの家族に合った玄関、注文住宅を造りましょう。

既に間取りを書いてもらったけど、まだどこの会社で建てるか決めきれない、とか
第三者目線での意見を聞きたい、とか
間取りを造ってほしいとか様々プランに関する心配事や困りごとは遠慮せずにおっしゃってください。

ディライトホームでは、お客様が自宅にいながら家造りのプロに相談できるオンライン相談も受け付けています。豊富な経験を活かしてアドバイスできますので、ぜひお気軽にご相談下さい。
福島県、郡山市、須賀川市、会津若松市周辺地域で新築住宅や注文住宅、デザイン住宅を検討中の方、建て替え、土地購入からの方、リノベか新築か検討している方、ローンの相談、建てたい家の相談はぜひディライトホームにご相談ください!
モデルハウスに来場いただければ他には無い提案が沢山あると思います!!自由設計で建築家と建てる家をぜひご検討ください。
自分達だけの素敵なマイホームを実現しましょう!!
来場予約はこちらから↓↓

施工事例はコチラ