COLUMN

【住宅性能】気になる住宅性能指標UA値とC値について【ディライトホーム】

最終更新日:

ディライトホームは福島県、郡山市、須賀川市、会津若松市を中心に建築家と建てるフルオーダー(自由設計)の注文住宅でおしゃれな家のご提案する工務店(ビルダー)です。
お洒落な家に住みたい方はもちろん、建て替え希望の方、ローンについて気になっている方、カフェの様なリビングにしたい方、ラグジュアリーな家が好みの方、アウトドアリビング、ガレージハウス等々やりたいことがある方、
ぜひモデルハウスの見学やお客様宅で見学会にお越しいただければと思います!平屋と2階建てという2つラインナップしかありませんが規格住宅ではなローコスト系の住宅メーカーから大手ハウスメーカー、設計事務所などを検討している方は一見の価値があるのでぜひ遊びに来てください!!
きっと素敵な注文住宅検討のヒントが見つかると思います。予約来場していただくとアマゾンギフト券3000円分プレゼントしていますので予約来場がおススメです!
新築住宅を検討中の方はもちろん、土地相場が解らないけど土地探しをしたい方や、他社と比較したいから坪単価を知りたい方、疑問や質問、心配がある方は遠慮なく、ディライトホームに予約来場ください!

おしゃれさにこだわりつつも暖かい家に住みたいなら知っておきたい数値

性能の高い家がいいか、低い家がいいかと聞かれたら誰しもが【性能の高い家に住みたい】と思うと思います。
ですが、住宅の場合なんの数値にどんな意味があり、どうすべきなのかということが一般化していない為、
それらの疑問に答えられるような記事にしたいと思います。

皆さんが自分たちの家を新築で建てる時に(注文住宅、規格住宅問わず)必ず気にかけてほしい性能はとしては断熱性能がまずあげられます。

SUUMOさんのUA値に関する記事はコチラ

【断熱性能の高い家に住むために!!】と意気込んで断熱性能の事を調べてみると必ず目にする「U値」「UA値」「C値」という謎のワード群、、、。それらの意味を理解しないままに【うちの会社の家はUA値〇〇な快適な家です!!】と言いたげに数値が出てきます。

ですが、その値がどんな意味の言葉で何を指すのかよくわからないとその価値を適正に判断できないと思います。
なので、今回の記事では注文住宅においてデザインだけじゃなく性能にもこだわりたい人向けの性能値等について解説します。
その上でディライトホームの家造りはデザインだけじゃないんだな!という所をご理解いただけたら幸いです。

断熱性能を表す「U値」「UA値」

断熱性能が高いほど、住宅内の熱(暖かさや涼しさ)が外へ逃げにくく、一年を通して快適に過ごせるというイメージは湧くと思います。

断熱性能が悪いと、夏にエアコンをフル稼働して部屋を涼しくするけど、停めてしまうとすぐに快適性が失われて過ごしにくい環境になるとか、なかなか涼しくならないとか、冬にエアコンをつけても暖かくならないとか、外が暑ければ暑く、外が寒ければ寒くという状況になります。

断熱性能が悪いと折角の新築住宅が台無しですね!
そういった不備を無くすため新築住宅では特に高い断熱性能を持たせることが必要だと弊社は考えています。

そもそも「断熱」とはなにか?

簡単に言うと、家の中の温度を外に出にくくすることで、冷たさや温かさによる外部の影響をうけなくする事。
中の暖かさを外に漏らさない、外の暑さを室内に入れさせないとも言えます。

どんなに高性能な冷暖房器具を使っていても窓が開いていたら家の中から熱が逃げてしまっては意味がありませんよね。
壁自体断熱性能が悪いと窓が開いた状態と変わらなくなってしまいます。
スカスカに作ってしまえば外部の影響をたくさん受けてしまうのは当然ですよね。

せっかくの快適な温度を逃がさず家の中に残しておくために重要なのが「断熱」です。

 

その断熱性能の基準となる数値が、「U値」または「UA値」です。

この二つは、家の中から熱が逃げる量を数値化したものになります。

U値=熱貫流率

数値が小さければ小さいほど、移動する熱量が少ないという意味なので断熱性能が高いことを示します。
つまり、逃げる熱量=U値が少なければ少ないほど、断熱性が高いと言えるのです。

このU値は壁や窓など各部位の断熱仕様によって数値が決まります。

UA値=外皮平均熱貫流率

これは、家全体の断熱性能を表す数値です。

U値と同じで、家の中と外の気温差が1℃のときに逃げる熱量を、家の外部に触れているところ(壁や窓、屋根、床など)全部の面積(外皮)で割り算したものを呼びます。

これもU値と同じく数値が低ければ低いほど、断熱性能が高いと言えます。

併せて読みたい断熱の記事↓

DELiGHT HOMEの断熱性能

 

気密性能を測る「C値」

先ほどまでは断熱のお話をさせていただきましたが、次は気密のお話です。
断熱性能が高くても家の隙間から空気が漏れてはせっかくの効果が得られません。
その気密性能を表す数値が「C値」です。

そもそも気密住宅とは、隙間が少なく、外気の影響を受けにくい住宅です。
断熱性能がいくら高くても、隙間から空気が出入りすれば、快適な室温を保つことができません。
「C値」は相当隙間面積と呼ばれ、どれだけ隙間があるのかを表した数値であり、
C値も数字が低ければ低いほど気密性能が高いことを表します。

我々、DELiGHT HOME(ディライトホーム)ではこのC値がとても重要だと考えています。

一般的にC値が1以下であると気密住宅といわれるのですが、DELiGHT HOMEの住宅は平均0.5という高気密な住宅を建てています。

しかしながら、家の中は完全に密封できないうえ、新鮮な空気を循環させなければいけません。

熱を逃したくない、けれど空気は入れ替えたいという真逆の事を両立させなければ、快適な住宅とは言えません。

そのため、住宅が高断熱、高気密になればなるほど、換気が重要になります。

気密についてもう少し読みたい時はこちらを参照に↓

モデルハウスの気密測定を行いました

 

DELiGHT HOMEの家の換気について

DELiGHT HOMEの注文住宅では日本住環境のルフロ400の24時間換気システムを採用しています。

小型かつ省エネながら長時間にわたり安定した換気量を維持できる天井隠蔽型の第三種換気システムです。

DELiGHT HOMEではこの換気システムを標準としています。

1種換気システムにしないのか?という問い合わせをたまにいただきます。まずこの1種、と3種という呼称ですが分類わけのための定義由来の者なのでどちらが優れている、優れていないというランキングのものではありません。1種の方がコストが高い上、停電した際にダクト内が必ずカビてしまうなどのリスクも1種換気システムにはあるので、ディライトホームの標準仕様は3種換気システムを採用しているという背景もあります。

Z空調!などカッコいい名前がついて住宅会社オリジナル感のある換気システムもありますし、日本の技術力はドンドン新しい技術開発されているので、ハイブリッド型の換気システムで停電時にも通気する仕組みが組み込まれているものや、蓄電等でかびるリスクを排しているシステムが出来た場合は採用する可能性は十分にあると思います。

シックハウス症候群について

気密性の高い家を建てる際の注意点としてよく耳にするのが「シックハウス症候群」です。

シックハウス症候群とは、建材に使われた化学物質が揮発し、その空気を吸い込むことで発生する体調不良のことをいいます。

主な症状は、

・目がチカチカする

・頭痛

・めまい

・鼻水

・のどの乾燥

・湿疹

など人によってさまざまです。

気密性を高めた家づくりをしたばかりに、汚れた空気が充満しやすくなってしまうことも考えられるのです。

なので、気密換気は密接な関係にあるということになりますので、気密性が高いから良いではなく、換気システムの事もしっかりと確認が必要ですね。

まとめ

UA値やC値についていろいろ書きましたが、簡潔に覚えておくのは、数値が低ければ低いほど、その家の断熱性能は優れているということですね。

DELiGHT HOMEは高い気密性と安定した換気システムを標準採用しているので、住んでからも快適な生活をご提案させていただきます。

気密や断熱性能を考えると、断熱のUa値は使用部材を選定すると決まってしまう計算値で、
実際は施工が理想的に行われている想定の下での数値になります。
当然ながら、施工不良を含めた現場で起きる住宅品質のムラを押さえない限りUA値が低い家≠性能のいい家になってしまいます。

逆に、C値は実測値・測定値であるため、ディライトホームとしては外部の監査を入れつつ施工の精度を均一化し、高気密の家を造ることを重要視しています。

施工の精度は基礎工事から始まって、木工事、断熱工事、屋根、等々建物のクオリティーを高く保ちながら、
均質化できることが重要であると考えてます。そのためディライトホームの新築住宅は引渡し前に必ずC値の測定をすべて標準で実測して証明書を出します。

あまり性能、性能と追いかけることはしませんが、住み心地のいい家で、メンテナンス性がよく、長く住める家でありながら、
デザイン性、おしゃれさ、かっこよさが前面に出てくる家造りをディライトホームはおすすめします。
しっかりとした性能のデータがあることはとても大事なポイントと捉えています。

家造りのコンセプトとして、どんな家に住みたいかの段階で迷いがあっても構いません。
全力でお悩みを解決いたしますので遠慮なくおっしゃってくださいね!!
おしゃれで快適なマイホームを作りたい方はDELiGHT HOMEへ予約来場してください。

福島県、郡山市、須賀川市、会津若松市周辺地域で新築住宅や注文住宅、デザイン住宅を検討中の方、建て替え、土地購入からの方、リノベか新築か検討している方、ローンの相談、建てたい家の相談はぜひディライトホームにご相談ください!
【注文住宅 郡山】のワードランキングで上位にランクインしているディライトホームのスタッフが丁寧に対応いたしますので、ぜひモデルハウスにご来場ください
他社では真似できないおしゃれな家を建てる為の提案をさせていただきます!自由設計で建築家と建てる家をぜひご検討ください。
自分達だけの素敵なマイホームを実現しましょう!!
来場予約はこちらから↓↓

施工事例はコチラ