COLUMN

【注文住宅】平屋を建てる為のポイントやメリットデメリット【デザイン平屋】

最終更新日:

こんにちわ!!ディライトホームコラム編集部です。いつもコラムを読んでいただきありがとうございます!ディライトホームは福島県、郡山市、須賀川市、会津若松市を中心とした周辺エリアで建築家とコラボして建てるフルオーダーの自由設計注文住宅をご提案する工務店(ビルダー)です。

お洒落な家に住みたい方、規格住宅では叶わない夢がある方、建て替えの相談がしたい方、ローンについて疑問や質問がある方や心配な方、ラグジュアリーな家に興味がある方、アウトドアリビングやガレージハウス等々付加価値型の住宅が好きな方、皆さんぜひモデルハウスに見学に来てください!

またお客様宅での見学会も随時開催しておりますのでぜひお越しいただければと思います!ハウスメーカーを検討している方、住宅会社を選定中の方は一見の価値があると思います!ぜひ遊びに来てくださいね!今なら予約来場でスタバカードorアマゾンギフト券プレゼント中なのでご予約お待ちしております!!

今回のコラムは注文住宅で最近特に需要が高まっている平屋住宅のお話を書かせていただきます。

単純に、平屋って何?というライトな平屋についての疑問から、
マイホームを平屋にしたいときの土地選びのコツや、
注文住宅ならではのポイント、メリット、デメリットなどを中心にお話しできたらと思っています。
私の実家は平屋でしたので、住みやすさも住みにくさもある程度体と頭に染み渡っています笑

お役に立つSUUMOさんの記事もぜひ参考にしてみて下さい。

平屋とはどんな住宅?

ぶっちゃけ平屋って何よ?
平屋は1階建ての住宅のことで、一つの階層で住宅のすべてが完結する暮らし方ができる魅力的な家のカタチ。
2階建ての住宅と比べると、基礎と屋根の面積が大きくなること、新築住宅建築に必要な土地の面積が大きくなること等々の理由から、
コストは高くなることが多い。

ということなので、平屋というのは、ザ・ラグジュアリー(贅沢な住まい)とも言えますね。
ディライトホームでも、2階建てと平屋という2パターンの商品でご提案させていただいています。
上記の様にコストアップについてのお話や、記事、コラムはよく目にするので、
メリットデメリットについても少しお話をしたいと思います。

平屋を建てるメリット・デメリット

注文住宅でマイホームを平屋にしたとき、どんなことがメリットになるのか、逆にどんなことがデメリットになるのか紹介していきます。

メリットからご紹介!

・階段が無いことによる生活動線、間取り(プラン)の自由度が高い
注文住宅を建てる為に間取りをデザインしますが、その際に二階建てだと階段を上下階に必ず設置する必要があります(当然ですが)。
階段があると、当然、間取りもそれに合わせて作らなければならないので当然制限が掛かります。
ある意味平屋は、階段による制限が無いため間取り(プラン)に自由度が高いと言えます。

・階段レスの為、動作、負荷低減、家事が楽な暮らしになる
小さなお子さんを抱えた上、お買い物荷物を持って二階まで・・・と考えるとケガのリスク、大変さも感じる方が多いかもしれません。
また、お年寄りがいらっしゃるご家庭ですと、そもそも階段の上がり降りだけでも心配だという声もよく聞きます。
ディライトホームの階段はおよそ200㎜の上昇幅で造っているため、【勾配がきつかったり】、【危なかったり】という、
そもそもの階段事態のリスクは低いのですが、リスク自体はなくせないので、階段が無い事自体は平屋の大きなメリットとも言えます。
また、一つのフロアで炊事洗濯等家事を行うため家事自体の効率化もメリットの一つです。

・家族とのコミュニケーションの量が増える
新築した平屋で暮らすと、当然同じ階でご飯を食べ、入浴し、勉強したり、テレビを見たりと家族同士の生活環境が近しくなります。
当然、会話やコミュニケーションの量が増えるだけでなく、家族が何をしているか何となく察しあえるというのも平屋の魅力の1つです。

お子様の反抗期や、多感な時期には家に帰ってきてそのまま部屋に入ってしまいコミュニケーションが取れない、、、という心配も平屋ならありません。
プランする際にリビングを通って部屋に入るような配置を希望するといいかもしれませんね!
住む人、ご家族同士の良好なコミュニケーションを造る一端が平屋にはあります。

・メンテナンス性が良い
住宅は平屋、2階建て問わずですが、いい状態を維持する為に日頃のお手入れ・メンテナンスまたはチェックが欠かせません。
外壁などの外からメンテナンスを必要とする工事に関して、平屋であれば足場をかけなくても修繕することができる場合が多いのでメンテナンスコストを下げられることがあります。
また屋根に関しても上に上がって確認するなどのチェックもしやすくなっているのも平屋の良さであると言えます。
ディライトホームの標準外壁STOは劣化、汚れにとても強いのでまめに確認しなくても簡単にダメージを受けることはないと思いますが、
チェックが容易であることはメリットだと言えます。
また、そうしてチェックがしやすいためにチェックへの意識が高まることもメリットかもしれません。

・自然災害(台風、地震等)への安心感
平屋は階数が一階しかないため、家の高さが低くなり台風などの際に風を受ける面積が小さくなります。
そのため、風のダメージが小さくできることや、地震の揺れも高さがあるほど大きくなるため、平屋はダメージが小さくできます。
この二つは最近群発地震が増えていたり、年々大雨や台風被害が大きくなってきているのでメリットと言えるでしょう。

・1階ならではの外と中のつながりを楽しめる
どの部屋、場所からでも外を意識できる事もメリットで、中庭や縁側、テラスなどと組み合わせるもよし、
自然を配置して緑を意識したプランにするもよしで、自然との調和を叶えられます。
とくにディライトホームでよく使わせていただいている、PASSIOさんの外家具、デッキ、BBQセットは魅力を引き出しますね!!

平屋を建てるデメリット

上で書いたように平屋住宅には、2階・3階建てと比べてたくさんのメリットがあります!
ですが、当然ながらデメリットもあるのでぜひ知っておいてください。

・平屋を建てる為の敷地選びが難しい上、選ぶ土地によっては制限が大きくなる
平屋は、当然ながら1階建ての建物なので、土地の面積によっては建てられない場合もありますし、
当然ながら敷地を広く必要とします。ですから、土地が広く必要⇒総コストが上がるというデメリットがあります。
また、建蔽率の影響を強く受けるので、平屋を建てたい場合はまずディライトホームにご相談ください。

・コストがかかる
上でも紹介した通り、「屋根・基礎」の面積が平屋だと広くなってしまう為に、同じ面積の多階数の住宅よりコストは高くなります。
ただ、階段が無い分同じ住宅の内容物であった場合は少し施工面積を小さくできるので調整はできるかもしれません。

・近隣対策が必要?!プライバシー性をどうやって守るか
当然平屋なので、居室、リビング共に周囲からの目線が気になりやすい環境となります。
周辺に何があるか、どこに窓があるか、通りからどのように見えていくか等様々な条件面があるので、
現状の土地をプランナーにしっかり確認してもらい状況に合わせたプランニングがポイントになります。。

ただし、この要件は間仕切りや土地の広さ、場所、建物の配置状況、囲い方によって、軽減可能なので一概にデメリットとは言えないかもしれませんね。
これらは、二階建ての新築検討する際も大切なことですが、【場所に合わせて建てる】という建築家のスキルが大きな仕上がりの差になります。

土地のメリットは最大化し、デメリットは最小化するのがデザイナーの実力でもありますので、郡山、須賀川あたりで平屋を検討している方は、
ぜひ一度お話をお聞かせいただければと思います!

新築平屋を建てるときに気を付けたいポイント解説

・1階の面積が広くなるので、家の中が窓からの採光だけでは明るくできなくなる場合がある!!
・コストアップに注意をしながらも自由度の高いプランを楽しもう!!
・デッキや庭、外と中との空間をあいまいに取りながら暮しを楽しもう!
・設計提案力ですべて決まるといっても過言ではないので平屋の提案になれている会社に問い合わせよう!

 

平屋を建てる際の土地の坪数はどれくらい必要?

福島県の郡山、須賀川周辺で平屋を・・・と考える場合当然ながら所有している車の台数、ゲスト用の駐車スペース、
土地のカタチ等様々考えるべき観点はありますが、あくまで参考になるように目安をお示ししたいと思います。

車3台分というと、5.5メートル×10メートル⇒55㎡分くらいが駐車スペースとして必要です。

これに、家族構成に合わせて国でまとめている平均坪数を乗せるとおおよその土地の必要面積が見えてきます。
国土交通省のデータによると、快適に暮らすために必要な住宅の大きさは以下の様になります。

夫婦二人暮らし(夫婦2名):22~24坪程度
2LDKで寝室を分けてもいいですし、家事室をとってもいいので、定年後のお住まいに平屋を建てるという方も増えていますね。
必要になる土地面積は、駐車スペースを併せて

建物24坪(79.33㎡)÷0.6(建蔽率60%として場合)+55㎡⇒187.2㎡(56.6坪)

三人家族(ご夫婦2名+お子様1人):25~30坪
30坪あれば、3LDKの間取りも可能になります。

建物30坪(99.17㎡)÷0.6(建蔽率60%として場合)+55㎡⇒220.2㎡(66.6坪)

 

四人家族(ご夫婦2名+お子様2人):30~35坪程度
お子様それぞれの部屋や、クローゼットを個別にするのかファミリークローゼットにするのか等様々幅が出てきますね。

建物35坪(115.7㎡)÷0.6(建蔽率60%として場合)+55㎡⇒247.8㎡(75坪)

 

これらの計算は土地の形や制限などを加味しない一般的なものなので、土地に合わせて改めて考える際は気を付けてください。

まとめ

いかがだったでしょうか、現在コロナが終わりましたが、おうち時間の質を高めようという動きはますます過熱していきそうです。
そんななかで注文住宅を平屋で・・・という考え方はとても時代にマッチすると感じます。
郡山、須賀川周辺で注文住宅、平屋新築を検討中の方は是非ディライトホームにお越しください!!

デザイン、住み心地、かっこよさ、おしゃれさ、家づくりに触れるすべてで一つ上の注文住宅を提案し、
お客様の新しい生活のレベルを高めます!!

 

福島県、郡山市、須賀川市、会津若松市周辺地域で新築住宅や注文住宅、デザイン住宅を検討中の方、
建て替え、土地購入からの方、リノベか新築か検討している方、ローンの相談、建てたい家の相談はぜひディライトホームにご相談ください!モデルハウスに来場いただければ他には無い提案が沢山あると思います!!自由設計で建築家と建てる家をぜひご検討ください。
自分達だけの素敵なマイホームを実現しましょう!!
来場予約はこちらから↓↓

施工事例はコチラ