COLUMN

  • コラム

【おしゃれな家を建てよう】注文住宅のおしゃれな玄関はこうやって作られる!!【郡山】

デザイン性の高い注文住宅を作るにあたって、家族の集まるリビングや、料理を行うキッチンにこだわる方は多いと思います。
それに比べると、玄関にこだわりをいれる優先順位は低くなりがちかもしれません。
ですが玄関は家族やお客様を迎える重要な場所です。家の前を通りかかる人がふと目に入りやすいのも玄関であり、その玄関がおしゃれでデザイン性が高ければ、家全体の印象も良くなります。
そこで本記事では、デザイン性の高い注文住宅でおしゃれな玄関を作るポイントやコツについて解説していきます!

DELiGHT HOMEへの来場予約はこちらから

どうやっていいかは解らないけど玄関はおしゃれにしたい!!

住宅に入った時、その家の第一印象は外観と玄関で決まります。
デザイン性が高い注文住宅を実現するためには特に玄関にインパクトを持たせ、
おしゃれにすることで、家全体の印象ぐっと引き上げることが出来ます。
具体的なイメージやこだわりがある方はそのまま実現すれば良いのですが、
何となく「おしゃれにしたい!!」と考えている方に向けた実例として、DELiGHT HOMEのおしゃれな玄関集を紹介していきます。

素敵な玄関はこちらを参考に↓

https://suumo.jp/chumon/T021/

注文住宅ならではのシンプルな外装にアクセントを!

住宅の印象は、形や外壁の色、使用部材の素材感、窓の大きさやフレームのカラーや形によって大きく左右されます。
特に、外壁の色は住宅の印象を決める大きな要素となっており、そんな外壁を白やグレーといったシンプルな色で統一することで、
住宅全体をおしゃれ見せることが出来ます。
そのシンプルな外壁の中に板張りの壁と天井を玄関に取り入れることで、外観が引き締まりデザイン性が際立ちます。
また、レッドシダーやヘムパネルの板張りは自然素材の温かみを持ち、柔らかくおしゃれな印象がありながら高級感を与えます。

目を引く引き込まれるような玄関(田村市S様邸)

こちらのお客様の注文住宅は全体的に立体感があり、シンプルながらも目を惹くデザインの玄関回りとなっています。
玄関の配置も一段奥にあるような外観となっているため自然といざなわれる様な外観をしています。
また、こちらの住宅もグレーや白などシンプルな外装の中に木材の特徴を生かした玄関の扉があることで、
異素材の組み合わせが作る情緒的な価値観を演出しており、住宅全体をおしゃれに見せることが出来ています。

注文住宅は玄関は隠してもイイ !(安積モデル)

「玄関は住宅の顔」と書きましたが、その顔を隠して普段は見えないようにするのもおしゃれな玄関を造るやり方の一つです。
玄関が隠れていることで外観が統一され、すっきりした印象にすることが出来るので住宅全体をおしゃれにすることが出来ます。
また、玄関は毎日出かけるときや、帰ってきた時に通る場所となり、人の通りが多いことから常にきれいな状態に保つのは大変と思う方も少なくないと思います。
玄関の扉を隠すことで人の出入りやその使用感も隠しつつ他社の目線を切ることが出来るので、
周りを気にせずに生活できるおしゃれな玄関を造れます。

併せて読みたい玄関の記事はこちら↓

デザイナーズ住宅こだわりの玄関 Vol.1

玄関の種類とそれぞれの特徴

玄関はインテリアの装飾など設置物でおしゃれにすることは可能ですが、素材や形状などを一から考え、造り上げることで、おしゃれな玄関の土台を整えるのが正攻法かもしれません。玄関の構成要素は扉や照明、ポーチなど様々な要素がありますが、床が占める面積が広く、目に入りやすい部分となります。そのため、雰囲気やおしゃれさを作る上で重要な部分といえます。
注文住宅を建てる際、自分の思い描くおしゃれな雰囲気をつくるために気を付ける玄関のポイントをいくつか紹介していきます。

セラミックタイルを床材とした玄関
セラミックタイルは、陶磁器製のタイルを総称したものであり、焼き上げたタイルの吸水率によって、「陶器質・せっき質・磁器質」の3種類に分かれます。
陶器質タイルは、吸水率22%以下のタイルです。セラミックタイルの中では吸水率が高いため、屋外使用は向きませんが、おしゃれなデザインの内装材が揃っています。
せっき質タイルは、吸水率5%以下で素焼きのような素材であり、ナチュラルな表情が楽しめます。
磁器質タイルは吸水率1%以下で最も水を吸いにくく硬い材質であり、変色や変形に強いため丈夫な素材です。
土足で人が出入りする玄関では、衝撃に強く汚れにくい材質のタイルがおすすめです。
セラミックタイルは全体的に吸水率が低く凍結に強い性質があるため、冬の間、寒くなりがちな玄関でもタイルが膨張して割れる心配がありません。

外と内を自然につなぐ土間

土間は、屋内でありながら土足での活動ができる空間のことです。昔ながらの家でよく見られた造りで、農具などの保管場所、ご近所との立ち話といった交流が生まれる場所でもありました。
土間の表面や下地に良く用いられるコンクリートやモルタル、タイルなどは、熱伝導率が高く、触れるとひんやりとします。このことにより自然な涼しさを感じられるので土間空間の暑さも解消してくれます。
また、土間の床面はコンクリートでできているので掃除がしやすく、特に掃き掃除の手間があまりかかりません。お子さんなどが外から帰ってきた時についてしまった泥なども水を用いてモップをかけてしまえばすぐにきれいになります。
土間には「打ちっぱなし金鏝仕上げ」という仕上げの方法があります。この打ちっぱなし金鏝仕上げの良さは、表面がなめらかなで、雨が降った日でもツヤが出来るほどきれいな仕上がりになることです。落ち葉や砂埃も表面に引っかかることなく掃き掃除が出来るので日々のお手入れの負担が大きく軽減されます。

玄関に求めるもの

日々の生活に必要不可欠な玄関を快適な場所にしたいと考える人は多いと思います。また、キャンプや釣りなどのアウトドアが趣味の人は外部収納がない限り玄関が収納場所になることも少なくないと思います。そんな、人によって求められる機能や性能が異なる玄関ですが、具体的にどのような性能が快適だと感じるのでしょうか。快適に感じる玄関の特徴を紹介していきます。
まずは、なんといっても「明るさ」です。昼夜問わず玄関は人を向かい入れる空間であり、仕事や学校から帰ってきた時に玄関が暗い印象ではあまり歓迎されていないかのような気持ちになってしまいます。朝も太陽の光などで気持ちよく出勤出来たら心地よく一日を始められると思います。玄関の明るさを確保するには様々な方法がありますが、一つは玄関を「吹き抜け」にすることです。玄関に吹き抜けをつけることで以下のようなメリットがあります。

メリット
・開放的な空間となる
・窓が高い位置につけることが可能となり明るくなる
・デザイン性のある照明を採用できる

このように玄関に吹き抜けを設けることで、デザイン性と快適性のメリットがあります。
玄関の吹き抜けは、開放的で明るい空間となり、コンパクトな空間に玄関を作るときや日当たりの悪い場所に玄関を設けるときにはお勧めの方法です。また、吹き抜けのある玄関は、内装をおしゃれにしてくれます。天井からペンダントライトを吊り下げたり、スケルトン階段を設ければ、おしゃれな玄関に仕上がること間違いなしです。
玄関には「風通し」も重要となっており、玄関の風通しによって住宅全体の快適性が変わってきます。ここでもおすすめなのが吹き抜けの玄関であり、吹き抜けにすることで一階から二階にかけて新鮮な空気を確保することが出来ます。吹き抜けの玄関はこのように快適でおしゃれな住宅のもととなっています。
キャンプや釣り、ゴルフなどといったアウトドアが趣味の方は玄関の収納量も大切です。アウトドアの荷物はどうしても多くなってしまい収納する際どうしてもかさばってしまいます。アウトドアが趣味の方ですっきり見せたい、でも収納量も欲しいという方は少なくないと思います。こんな、わがままな要望ですが、これを叶えられるのが注文住宅の良さです。

玄関の正面に来る框(かまち)をどうするか
デザイン型の注文住宅を提案させていただいているディライトホームでは印象を大きく左右する玄関框を2種類選択できるようにしています。一般的な木質の建材付け框のほかにスタイリッシュで汚れに強いステンレスの金属の框です。
建てたい家のイメージがおしゃれモダン系であればステンレス框がおすすめですし、ナチュラル系、カントリー系であれば木製框がおすすめです。

DELiGHT HOMEでは、建築家と相談し、それぞれの趣味に合わせたデザイン性のある住宅を作り上げます。
玄関は使用頻度が高いため、こだわりを持ちデザイン性を持たせることで日々の暮らしを鮮やかにし、充実した毎日を送るきっかけとなるのではないでしょうか…

いかがでしたか?注文住宅を造る上で重要な玄関の作り方特集でしたが、
例えば、モルタル仕上げで割れてきたりしないの?とか、割れないようにするための工夫やOPはあるの?とか、
疑問が出るかもしれません。そんな際はディライトホームに遠慮なくご相談ください!!
丁寧にお答えさせていただきます!!

鈴木
栃木県黒磯出身。日本大学工学部の建築研究会を率いる傍ら、建築家になるためディライトホームにインターン中。
新築工事、リノベーション、店舗改装など建築に携わりありとあらゆるものを最前線で勉強中!
そこでの気づきや発見を発信していきたいと思います!

福島県、郡山市、須賀川市を中心に注文住宅をご検討中、メーカー選定中、マイホーム計画検討中の方はぜひディライトホームへ!
おしゃれな家を建てたい方は予約ページからご連絡ください。
DELiGHT HOMEへの来場予約はこちらから

次の記事

前の記事

この記事をシェアする

一覧に戻る