BLOG

  • インターン生ブログ
  • スタッフブログ

注文住宅を建てる時の窓の選び方 vol.2 引き違い窓

汎用性が高い引き違い窓!

こんにちは!インターン生の高坂です。

デザイン住宅を建てる時には窓の選び方がとても重要になります。

本日は引き違い窓について書いていきます!

引き違い窓とは、2枚の窓ガラスがペアになっている窓サッシの事です。

メリット

1.開け閉めがしやすい!

—色々な建物の色々な箇所に使われているので、よく使ったことがあると思います。

—サッシにカギを開けて、横にスライドするだけなのでストレスなく開けやすいです。

2.好きな開口の幅にできる!

—窓をスライドする幅を調整することで、外の空気をたくさん取り入れたり、

—少しだけ換気したりと量を変えることが出来ます。

デメリット

1.気密性が低くなる傾向がある

—スライドするという構造上,fix窓(←前回の記事はこちら)や縦すべり出し窓・横すべり出しまどなどと比べて、

どうしても隙間ができてしまいます。

2.レールの掃除が面倒になる製品もある

—サッシの下がレールになっているので、そこにごみが詰まってしますことが製品によってはあります。

 

ディライトホームではデメリットを最小限にする製品選びを!

ディライトホームでは家づくりのパーツを一つ一つ考えたうえで、

製品選びをしているので、デメリットを感じさせない家づくりをしています。

 

 

インターン生 高坂

福島出身で、建築家を目指してディライトホームでインターン中。

家づくりの疑問点やワクワクすることを発信していきます。

スタッフ紹介はこちら!

この記事をシェアする

一覧に戻る